CATEGORY

オンラインカジノ

日本の論点

刑法の言葉には、少しだけ広がりがもたせてある。言葉に幅があれば、社会が変化しても刑法は柔軟に機能することができる。ところが言葉には国語的な制約があるから、刑法が想定していた社会像と現実との隔たりがあまりにも大きくなるとき、刑法がうまく機能しえないという事態が生じる。わいせつでは、いつもこれが問題となってきた。わいせつは、時代によって変化するだけではなく、他のどんな情報よりも鋭敏にメディアを乗り換え […]

組織暴力犯罪

組織暴力犯罪とは、 一定の集団によって行われる暴力的犯罪および集団的・暴力的な威嚇を背景にして行われる犯罪のことであるが、 わが国の場合には、 いわゆるヤクザ組織から一部右翼団体や過激派組織による暴力犯罪までを含めることもあり、 組織暴力犯罪の実態はさまざまである。 しかし、 一般には、 組織暴力犯罪とはいわゆる組織暴力団によって行われる犯罪として理解されている。 「暴力団」という言葉は、 「その […]

不正アクセス

 不正アクセスとは、他人のIDやパスワードなどを不正に使用してコンピュータ・ネットワークに無権限で侵入したり、権限を越えて侵入することをいう。ネットワークに単に侵入するだけの不正アクセスは「ハッキング」と呼ばれることがあり、侵入後にファイルの改ざんや消去などを行う「クラッキング」から区別されることもある。クラッキングは、電磁的記録不正作出罪(刑法161条の2)や電子計算機損壊等業務妨害罪(234条 […]

陳列概念の弛緩―「アルファネット事件」控訴審判決―

陳列概念の弛緩 ―「アルファーネット事件」控訴審判決― 関西大学法学部 教授 園田 寿 1 はじめに  判例および学説の多数は、インターネットのホームページやパソコン通信でわいせつ画像データ(サイバーポルノ)を「見せる」行為を刑法175条における「陳列」行為ととらえている。刑法175条はわいせつを「見せる」ことが犯罪の内容であるから、わいせつが通信回線によってアクセス可能な不特定多数の者によって「 […]

電気通信基本法

index 電気通信基本法 2000年1月28日 (韓国)電気通信基本法  全文改正 91.08.10 法律第4393号  一部改正 92.12.08 法律第4528号(産業標準化法)  一部改正 93.03.06 法律第4541号(政府組織法)  一部改正 95.01.05 法律第4905号  一部改正 96.12.30 法律第5219号  一部改正 97.08.28 法律第5385号(電気通信 […]

テレカ偽変造

被告人は、外国人風の男から改ざんテレホンカードを購入し、通話可能度数に関する磁気情報が正規の度数以上に改ざんされていることを知りながら、それをカード式公衆電話機に挿入して通話に使用した。右テレホンカードは、発行時の通話可能度数が50度であったが、何らかの手段によって105度にまで改ざんされ(押収時の可能通話度数は52度)、またテレホンカードの度数目盛の零度付近から数個のパンチ穴があけられ、裏面にお […]

ストーカー行為規制法

1 はじめに  リンデン・グロスの「ストーカー/ゆがんだ愛のかたち」(秋岡史[訳])が1995年に出版されて、以来「ストーカー」という言葉は急速に広がり定着する。「ストーク(stalk)」とは、「忍び寄る」「(疫病や死が)まん延する」「いばって歩く」こと。意味的には矛盾する内容を含んでいるが、「相手に不安を与える異常なつきまとい」として使用される。もちろん、九五年に突如として「ストーカー」が出現し […]

社会と規範

(1) 社会が社会として成立するためには、その構成員の大多数において一定の標準的な価値に同調した行為がなされる必要がある。そして、人は行為を通じて意味を実現するものであるから、行為には常に意味の選択という問題が生じる。そこで、個々の行為からなる全体の社会が社会としての統一的な姿を維持するためには、選択可能な意味の領域と選択が禁止される意味の領域とを明示し、その境界を設定する必要が生じる。行為の意味 […]

質問と回答

質 問 と 回 答 このホームページの内容や刑法のことなどについて質問をいただくことがあり ますので、その中のいくつかのことについて、ここで答えていくことにします。 サイバーネットでの犯罪 特に猥褻画像についてですが、どの判例にも「不特定多数」と言う表現があります。「特定」されていればわいせつ物陳列罪は成立しないのでしょうか? 例えば会員制のクラブで会員に対してのみわいせつ画像を見せたような場合は […]

刑法的断章のページ

刑罰思想の変遷 刑罰思想について簡単にまとめたものです。 犯罪報道と人権 犯罪について報道するということはどういうことなのか。 刑務所参観のすすめ 刑務所を見ることによって何が見えるのか。 刑法における「意思の自由」とは 刑法では人間に意思の自由があるかどうかは最も基本的な問題である。 刑法における「行為」とは何か 犯罪は人の「行為」であるが、「行為」とは一体何だろうか。 社会と規範の関係 規範と […]