CATEGORY

オンラインカジノ

韓国の住民登録制度

韓国の住民登録制度     瑞 草 区 (園田寿[訳]) 目 次 1.    住民登録制度の意義及び目的 2.    住民登録制度の変遷 3.    住民登録関係書類及び申告事項 4.    住民登録番号の意義及び付与 5.    住民登録証の発給 1.住民登録制度の意義及び目的  □意義 −住民登録制度は、行政機関がその管轄区域内に30日以上居住する目的で住所または居所を設ける住民を登録する制度 […]

FLMASKリンク裁判

↑index 大阪地方裁判所、平成9年(わ)第1619号わいせつ図画公然陳列幇助被告事件、平成12年3月30日第2刑事部判決(確定)         判       決  本籍 横浜市*****二丁目二番  住居 横浜市*****二丁目一一番一四号***三〇一号室  職業 会社員                    KiTa                    昭和**年**月**日生  出席 […]

青少年保護法

index 青少年保護法 2000年2月3日 (韓国)青少年保護法  法律第6261号 一部改正 2000.02.03.   第1章 総 則 第1条(目的)  本法は、青少年に有害な媒体物や薬物などが青少年に流通することと、青少年が有害な店舗に出入すること等を規制し、青少年を青少年暴力・虐待など青少年有害行為を含んだ各種有害な環境から保護・救済することによって、青少年が健全な人格に成長できるように […]

「虐待防止」を理由にした 表現への過剰介入防げ

「虐待防止」を理由にした 表現への過剰介入防げ  児童を対象とした性的な表現物に対する従来からの取締まり規定としては、刑法一七五条のわいせつ物頒布等の罪がある。しかし、判例では、「就学を間近に控えた年齢と認められる女児」の「陰部付近をことさら強調した写真」をわいせつ図画と認定したもの(東京高判昭和五六年一二月一七日高刑集三四巻四号四四四頁)があるものの、「わいせつ」が「いたずらに性欲を興奮又は刺激 […]

ネットワーク上の少年に有害な環境に関する報告書要旨

1 「はじめに 〜本報告書の位置付けと構成」 p1〜6  報告書の位置付けについて述べるとともに、委員会の構成及び検討状況、報告書の内容の要旨について記述。 2 「第1章 ネットワーク上の少年に有害な情報環境の緊急性」 p7〜12  少年を取り巻く現状  ○戦後第4の上昇期を迎えた最近の少年非行情勢の深刻化  ○ネットワークの急速な普及による情報化の進展 という問題が発生。  ネットワーク上の少年 […]

エッセイのページ

最後の原稿 (中義勝先生追悼) 1994年に亡くなられた恩師中義勝先生への追悼文です。 塀の「外」の懲りない面々 芸能レポーターが犯罪の取材をやり、刑務所も明るくなったか。 「書く」道具から「考える」道具へ 新入生向けの小冊子に書いたものです。 「韓国レポート」 1998年9月11日〜12日にかけて韓国ソウル市で開催された、 関西大学・漢陽大学シンポジウムに出席してきました。 もう一つの2000年 […]

基本的な学術文献(刑法編)

佐久間修 「『わいせつ情報』の頒布、販売、公然陳列について ― ビデオテープの複写と通信回線を利用した情報授受の罪責 ―(一)」 産大法学27巻2号(1993年)1頁 塩見淳 「猥褻物と猥褻情報」 判例タイムズ874号(1995年)58頁 山口厚 「情報処理技術の進歩と刑法」 落合誠一編『論文から見る現代社会と法』(有斐閣)(1995年)135頁 園田寿 「サイバーポルノと刑法 ―「物」を規制する […]

刑法教育

1. 刑法教育の目的 犯罪に対する関心はあっても、刑法学への興味を喚起させ、学習を持続させることは難しい。刑法理論は難解であり、言葉に対するこだわりを軽視することはできないから、授業内容は抽象的になりがちである。Aか非Aかといった二値論理の積み重ねが重視される一方で、「相当性」や「危険性」といったファジィな概念が問題となる局面もある。授業が単なる情報提供に終わることなく、心の底から「納得した」とい […]

日本の論点

1 はじめに  インターネットは、冷戦時代、アメリカが部分的な核攻撃を受けても国家というシステムが全体として生き残れるようにと、情報資源の分散・共有とコンピュータ・ネットワーク全体の安定性を目的として開発されたといわれている。しかし、それが政府機関や軍、大学などの閉ざされたネットワークから一般社会へと解放され、しかも地球的規模でのコンピュータ・ネットワークへと発展したことから、さまざまな問題が噴出 […]

法セミ論文

1 インターネット これは言葉というより、一つの思想と考えた方がいいかもしれない。 情報資源の共有やシステム全体の安定性を目的として、個々のコンピュータをつないだものがコンピュータ・ネットワーク。インターネットとは、このコンピュータ・ネットワーク同士をさらに世界的規模で縦横に結合しあったコンピュータ・ネットワークの「状態」である。ネットワークのネットワークであるから、末端のコンピュータの数は指数関 […]